食品ロス

【概要】
まだ食べられるのに廃棄される食品のこと。フードロスともいう。販売店での売れ残りや飲食店・家庭からの食べ残し、賞味期限・消費期限切れにより廃棄される食品のほか、野菜の皮などをむく際に、食べられる部分を余計にむいてしまうことも含まれる。生産、加工、小売、消費の各段階で発生し、日本だけではなく先進国の多くで発生している。

【関連リンク】
食品ロスポータルサイト(環境省)

【関連記事】
●環境講演会『食品リサイクルの「環」をつくる~ループリサイクル(循環型社会)の形成へ向けて~』が開催されました!
●六会地区環境フェア「"もったいない"食品ロスから環境問題を考えよう」が開催されました!
●残さず食べてごみの削減!30・10(さんまる いちまる)運動


前のページにもどる