カブトムシの巣作り!シリーズ:西富の緑地を保全するアズビル株式会社×NPO法人藤沢グリーンスタッフの会

azbil_fgs_2016s_0
 

落葉掃除をする子どもたち
落葉掃除をする子どもたち
シリーズでお送りしているアズビル(株)NPO法人藤沢グリーンスタッフの会(以後、グリーンスタッフ)による藤沢市の西富緑地の保全活動が今回で第10回目を迎えました。4月上旬、今回はカブトムシの巣作りや、柵の設置などの作業が行われました。

最初に、グリーンスタッフの方より、緑地の生えている、コナラ、ヤマハンノキ、エノキ、ヒノキなどの木々のお話があり、参加者の子どもたちが熱心に聞いていました。その後、参加者全員で、枯葉掃除をし、その後は班に分かれて、緑地の整備を行いました。

大人たちは毎回行われている間伐や、柵作りの作業を。子どもたちは、緑地の中心にサクラの木の手入れや、緑地へ上がる歩道の掃除などを。それぞれ1時間ほど行いました。この活動が始まった2011年に比べるとだいぶ明るくなった緑地は、こうした地道な作業によって作られているのだと感じました。

緑地の木々の説明をする藤沢グリーンスタッフ
緑地の木々の説明をする藤沢グリーンスタッフ
そして今回のメイン作業は、カブトムシの巣作り。緑地の中腹の一部を掘り返し、土を柔らかくし、落葉や菜の花(堆肥化を早める)を入れて、丸太で囲い、最後に黒土で蓋をして、水で土をならして完成しました。次回の作業は秋ごろ。カブトムシがたくさんいるか見るのが楽しみですね。

最後に、グリーンスタッフの方々から参加した子どもたちにカブトムシのプレゼントや、アズビル(株)スタッフによる落葉を使ったワークショップなど。今回も盛りだくさんの内容だった緑地保全活動。アズビル(株)の方たちと、グリーンスタッフたちの汗によって、西富の緑地がとても明るくなってきていました。
 
 
 
 

柵作りの様子
柵作りの様子
この事業は、アズビル(株)と藤沢市が2011年に締結した緑地保全活動に関する協定によって行われています。藤沢市と緑地保全活動で協定を結ぶのは、民間企業として初。「NPO法人藤沢グリーンスタッフの会」の指導のもと藤沢市が所管する緑地保全活動を行っています。

アズビル(株)は、環境クリック募金参加企業でもあります。環境クリック募金は、1クリックあたり5円をクリックしたあなたに変わって参加企業が寄付してくれる仕組みとなっています。寄付金は、市内の環境教育に使用されます。
●環境クリック募金は⇒こちら

関連リンク:
アズビル(株)
NPO法人藤沢グリーンスタッフの会
 
 

カブトムシの巣作りの様子
カブトムシの巣作りの様子
関連記事:
●藤沢にも実りの秋!シリーズ:西富の緑地を保全する-アズビル株式会社×NPO法人藤沢グリーンスタッフの会(2015/11/9)
●緑地の木々のお話!シリーズ:西富の緑地を保全する-アズビル株式会社×NPO法人藤沢グリーンスタッフの会(2015/6/1)
●継続的に緑を守る!シリーズ:西富の緑地を保全する-アズビル株式会社×NPO法人藤沢グリーンスタッフの会(2015/1/7)
●サクラの花を咲かせよう!シリーズ:西富の緑地を保全する-アズビル株式会社×NPO法人藤沢グリーンスタッフの会(2013/12/17)
●西富の緑地を保全する(春)!アズビル株式会社×NPO法人藤沢グリーンスタッフの会(2013/6/10)
●西冨の緑地を保全する:アズビル株式会社×NPO法人藤沢グリーンスタッフの会(2013/4/4)
 
間伐作業の様子
間伐作業の様子


前のページにもどる