第2回スマートエネルギーセミナー「エネルギーは地産地消の時代へ」が開催されました!

東京大学教養学部客員准教授の松本真由美氏よる基調講演

東京大学教養学部客員准教授の松本真由美氏よる基調講演

11月24日(火)湘南NDビル6階で第2回スマートエネルギーセミナー「エネルギーは地産地消の時代へ」が開催されました。東京大学教養学部附属教養教育高度化機構環境エネルギー科学特別部門客員准教授の松本真由美氏よる基調講演や、藤沢市、FujisawaSST 協議会(代表幹事 パナソニック(株))、アズビル(株)による取組事例の紹介が行われました。

松本真由美氏よる基調講演では、IPCC第5次報告書による世界の温暖化問題や、日本のエネルギー事情から始まり、太陽光発電、木質バイオマス発電の可能性や、CCSなどの新しい技術のお話など、世界や日本における事例の紹介が行われました。

第2部の「エネルギーの地産地消の実現に向けた取組事例」では、藤沢市による「藤沢市エネルギーの地産地消推進計画」の紹介が行われました。計画の内容は、エネルギーの地産地消による供給割合を、10年後の平成36年度に、現在の2倍、5%・1,500TJへと増加させるよう努めるというものです。

FujisawaSST 協議会(代表幹事 パナソニック(株))「Fujisawa サスティナブル・スマートタウン」による発表

FujisawaSST 協議会(代表幹事 パナソニック(株))による発表

続いて、FujisawaSST 協議会(代表幹事 パナソニック株式会社)による、Fujisawaサスティナブル・スマートタウン(FSST)プロジェクトの紹介が行われました。2014年4月に街びらきが行われたFSSTは、太陽光発電システムと家庭用蓄電池を標準装備した住宅や、関連施設が立ち並ぶ、最新のスマートタウンです。

最後に、アズビル(株)による「エネルギー分散化をアシストする省エネルギー制御システム」の紹介がありました。建物のエネルギーフロー、自動制御や、外気を利用した最新の空調設備などの省エネルギーシステムのお話がありました。

会場では、かながわソーラーセンターによるソーラーパネルの相談会も行われていました。次回、第3回スマートエネルギーセミナーは、2016年1月13日(水)小田原市民会館で開催されます。詳細はこちら⇒http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f531651/
 
 

アズビル(株)による発表

アズビル(株)による発表

関連リンク:
●FujisawaSST
●アズビル(株)
●かながわソーラーセンター
●藤沢市エネルギーの地産地消推進計画