新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた正しいマスクなどの捨て方

使用済みのマスクやティッシュを正しく捨てることによって、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐことに繋がります。ご家庭で使用済みのマスクやティッシュなどを捨てる際は、以下の点を心がけましょう。

・ごみに直接触れない
・ごみはビニール袋をかぶせたごみ箱に入れる
・捨てる時には、ビニール袋をしっかりしばって封をする
・ごみを捨てた後はしっかり手を洗う


 
 
 
 
 
 
 
 
 
ごみ箱にビニール袋をかぶせます。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
いっぱいになる前に、ごみに直接触れないよう、しっかりとビニール袋をしばって密閉しましょう。もし袋が破れたり、マスクなどが袋の外側に触れたりした時はごみ袋を二重にしてください。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
ごみを捨てた後は、せっけんを使って流水で手をよく洗いましょう

以上の内容に沿ってマスク等を捨てることは、ご家族だけでなく、皆様が出したごみを扱う市町村の職員や廃棄物処理業者の方々にとっても、新型コロナウイルスやインフルエンザウイルスなどの感染症対策としてとても重要です。
ご使用後のマスクやティッシュなどを捨てる際は藤沢市のルールに従い、可燃ごみとして捨ててください。路上や公園などへのポイ捨ては絶対にやめてください。

環境省
https://www.env.go.jp/saigai/novel_coronavirus_2020/flyer_on_disposal_of_contaminated_household_waste.pdf


前のページにもどる