「2020年おもてなしクリーンキャンペーン」に向けた2019年プレクリーンキャンペーンが行われました!


 
江の島が東京2020オリンピックセーリング競技会場になることから、大会期間中に「おもてなし」としてクリーンキャンペーンが行われます。そこで大会1年前となる2019年7月31日(水)~8月3日(土)の4日間で、藤沢市各地区の生活環境協議会の方々によって朝と夕方の2回ずつ、各日でプレクリーンキャンペーンが行われました。

取材をしたのは8月1日(木)夕方の班。江ノ島電鉄江ノ島駅からと、小田急電鉄片瀬江ノ島駅からの2班に分かれてスタートし、それぞれ江の島本島の中まで約1時間にわたりごみ拾いを行いました。カン、ペットボトル、タバコの吸い殻等のごみがあり、中でも弁天橋へ向かう地下道には多くのごみがありました。ただ、日頃からごみ拾い活動をしている生活環境協議会のメンバーからは「昔に比べ、江の島はとてもキレイになった」と声がありました。来年の本番を想定しつつ、時間帯やごみ拾いのコースなどが、今回のプレキャンペーンを通じて再度検討される予定です。普段から国内だけでなく海外からも観光客が多い江の島ですが、オリンピックという大舞台、よりキレイな姿で来場者たちを迎え入れたいですね。

関連リンク:
藤沢市生活環境連絡協議会

関連記事:
●東京2020組織委員会主催「スポGOMI」大会が開催されました!
●海ごみゼロウィーク・キックオフイベントが開催されました!
●「藤沢市きれいで住みよい環境づくり条例」啓発キャンペーンが実施されました!


前のページにもどる