藤沢市環境施設見学バスツアーが実施されました!


 
2018年7月25日(水)、藤沢市の環境施設を見学するバスツアーが開催されました。市内在住の親子連れを中心に30名が参加し、リサイクルプラザ藤沢と女坂最終処分場を訪れました。

最初に訪れたリサイクルプラザ藤沢は、廃棄物処理施設と環境啓発施設が一緒になった施設です。
はじめに、同施設の隣にある焼却施設の北部環境事業所と、焼却灰・不燃物などの埋立地である女坂最終処分場の施設紹介のDVDを観ました。市内から集められた可燃ごみの焼却処理の流れや、女坂最終処分場が完成するまでの様子がよく分かる内容でした。
次に、廃棄物処理施設内の見学コースを巡りました。プラスチック製容器包装の手選別ラインでは、時には使用済みの注射針などの危険なごみが混入し、けがをすることがあるという話がありました。
また、屋上緑地や太陽光発電設備などを見学したほか、専用の機械を使い、ガラスの廃ビンの表面に細かな砂を強く吹きつけて模様をつけるサンドブラストのワークショップを体験しました。

その後、女坂最終処分場に向かいました。コンクリートブロック等を埋め立て処分しているこの施設では、平成9年から埋め立てが始まり、当初は平成22年でいっぱいになる予定でしたが、ごみの減量化、資源化の取り組みの成果によって、平成55年まで埋め立てができることになったそうです。
この日は猛暑の中の見学でしたが、参加者は帽子や日傘で暑さ対策をしながら、普段見ることのない最終処分場の光景を興味深く見て、職員の説明に耳を傾けていました。

私たちが生活の中で出すごみの処理の仕方を知るとともに、ごみの分別の大切さを学ぶことのできるバスツアーとなりました。

関連リンク:
藤沢市北部環境事業所
リサイクルプラザ藤沢

関連記事:
第13回リユースフェア@リサイクルプラザ藤沢が開催されました!


前のページにもどる