無料で利用できる電気自動車用の急速充電器が登場-市役所など市内4か所に設置 湘南エコウェーブエリアにも

急速充電用の充電口
急速充電用の充電口
 2010年1月、藤沢市役所に電気自動車(EV)用の急速充電器が設置され、19日には海老根市長自らによる、充電のデモンストレーションが行われました。藤沢市では現在、市や企業などの専用車に計7台の電気自動車が使用されています。
 その中の1台、市の公用車として使われているi MiEV(アイミーブ)には、両サイドに充電口があり、一方は通常の電源用、そしてもう一方が急速充電用となっています。

 
 
 
 
 
 
 

急速充電をする海老根市長
急速充電をする海老根市長
 一般家庭の電圧とは異なり、200ボルトで充電するこの急速充電器を使うと、たった30分で全体の約80%を充電することができるそうです。あくまで非常用とのことですが、市役所やまちなかに設置されている充電器とそのエネルギーは、誰でも無料で利用することができます。
  現時点で急速充電器が設置されているのは市内4か所(石川・藤沢橋近くのガソリンスタンドなど)で、「湘南エコウェーブ」として広域連携でエコ活動を進めている茅ヶ崎市、寒川町を含め、県内には36か所ほど設置されています。急速充電器の購入と設置は、現在国や県から全額が補助の対象となっており、引き続き設置場所は増えていく予定だそうです。
 
 
 
 
 
 
 
急速充電器は一部関連機材以外は全額国と県の補助の対象
急速充電器は一部関連機材以外は全額国と県の補助の対象
 だんだんと私たちの生活にも歩み寄ってきた電気自動車の利用、今年の4月からは一般向けの販売も開始されています。車体の購入にもやはり国や県からの補助が付き、藤沢ではさらに市からの補助も加わるとのこと。電気自動車利用の環境は着々と整えられています。
 
 では実際の使い勝手はどうなのか、電気自動車だから“走り”にはあまり期待してはいけないのでは…といった心配も無用のようです。このi MiEV号の場合、満タンで160kmの走行が可能で、最高速度は時速160kmまで出すことができるとのことで、加速の力も、走りの静かさからは想像できないようなパワーを持つそうです。
 
 
 
 
 
 
 
「湘南エコウェーブ」統一デザインのi MiEV
「湘南エコウェーブ」統一デザインのi MiEV
 市民の方に、快適に電気自動車を利用していただくことで、藤沢から地球温暖化対策に貢献できるような、そんな優しいまちになるようにと、海老根市長は今後も積極的な電気自動車利用のアピールを続けていくそうです。

過去「エコ日記」関連記事
●「ジラソーレ」がゆく!
藤沢に電気自動車がやってきた!!
●環境問題を身近にとらえて、楽しく活動!!
ちがさき環境フェア2009
●地球温暖化防止を湘南から進めよう!
「湘南エコウェーブ」プロジェクト-湘南EVキックオフイベント


前のページにもどる