夏涼しく、冬暖かく、光熱費が抑えられてお財布にも優しく、さらには環境にも健康にも優しいという家があったら住んでみたいですね。その理想的な住宅は「省エネルギー住宅」といって、新築だけでなくリフォームでも実現できるのです。

その1 快適で健康に暮らせる家

 冬は暖房をつけても家の中がなかなか暖まらないと感じませんか?アルミサッシやガラス窓に結露ができて、家の中がじめじめしたりしませんか? 複層ガラスや二重サッシで開口部(窓)を、断熱材などで屋根や壁面を断熱・気密化すると、隙間から空気が逃げることなく、部屋ごとの温度差が小さくなり、とても快適になります。

●窓から熱が逃げないようにするには?
複層ガラス:

二重のガラスの間にできた空気層が、断熱材の役目を果たし、また外の温度が低くてもガラスの室内側の表面温度が下がらないので、結露を防ぐことができます。アタッチメントを利用して、既存サッシのガラスを複層ガラスに変更する。

二重サッシ:

建物の内側にサッシを追加し、二重窓にする。既存の窓に後付けができる。断熱効果が非常に高い。

●家をスッポリ包みこんで断熱する!
内側からの断熱(充填断熱工法):

天井裏、壁の中、床下に断熱材を充填する住宅の典型的な断熱工法。新築住宅建設時に施工することが多い。

外側からの断熱(外張断熱):

屋根と壁の外側、基礎廻りに断熱材を張り付ける方法。リフォームでの設備工事がしやすい。

ポイント夏はエアコンを使わずに、涼を取るには通風が最適です。

 ポイント1:風上は狭く開け、風下は広く開ける

 ポイント2:風下は1箇所よりも2箇所開けるとより風が抜けやすくなる

 ポイント3:風が弱い日は、暖かい空気が高いところに行く性質を利用
        して、天窓や2階の窓を開ける

その2 少ないエネルギーで済む経済的な家

 断熱・気密性能が高くなると、暖・冷房の消費電力量が少なく済みます。またさらに省エネ効果の高い電化製品や、高効率給湯器、太陽光発電システムなどを設置することにより、さらに省エネ効果を上げることができます。 家庭でのエネルギー消費の4割が給湯が占めています。給湯は選ぶ機器によってエネルギー消費に大きな差が生じるので、省エネ効果がもっとも高いとされています。

電気 による省エネ給湯

自然冷媒ヒートポンプ給湯器(エコキュート):

 ヒートポンプの原理を利用して、空気の持っている熱を集めてお湯を沸かします。従来の燃焼式給湯器から「エコキュート」に取り替えることで、電気使用量を約30%削減、CO2排出量を約50%削減できます。また割安な夜間の電気で高効率なヒートポンプを運転して、お湯を沸かして使用予想量をタンクに溜めておくため、割安なコストで、快適にお湯が使えます。

ガス による省エネ給湯

 潜熱回収型給湯器(エコジョーズ):

瞬間式の給湯器で、貯湯式ではなく必要なときに必要なだけお湯を作るので、機器寸法が小さいスペースでも設置が可能です。効率が従来型の給湯器の約80%から、ほぼ95%に上昇し、ガス使用量を約13%削減、CO2排出量も13%削減になります。

ガスエンジン給湯器(エコウィル):

 小型のガスエンジンで、発電時のエンジンから出た熱で給湯と暖房を行います。暖房の際は、発電時の熱で暖めた温水を使います。熱が足りないときは補助熱源機を利用し、熱が余るときは貯湯タンクにその熱をため、給湯に使います。従来システムとの比較で、ガス使用量は約20%削減、CO2排出量は約30%削減できます。

家庭用燃料電池ガス発電(エネファーム):

 都市ガスを使ってお湯と電気を両方作ります。発電時の熱でお湯を沸かし、給湯や暖房に使います。従来型と比べると、ガス使用量は約32%、CO2排出量は44%削減できます。

ポイントいずれも、太陽光発電システムと組み合わせることで、さらなる省エネ効果が期待
     できます。

その3 長持ちする家

 防湿層を内壁に作ることにより、壁の内部が結露しにくくなるので、カビが生えにくくなり、また家を支える土台や柱の腐食を防止し、家を長持ちさせます。

 現在の日本の家の平均耐用年数は30年とされていますが、(総務省調べ)、木造でもカビやシロアリの被害が少なく、メンテナンスをきちんとしていれば、50〜100年は住めるそうです。

 また、家を長持ちさせることで、新築住宅建設時に使われる資源、資材、エネルギー、住宅を壊すときに出る廃棄物を減らすことができ、温暖化対策に貢献することができます。ひ孫の代まで快適に住み続けてほしいですね。


省エネルギーセンターHP、社団法人住宅生産団体連合会HP参照


長持ちする家

「豊かさってなんだろう?」へ >>>