太陽光発電

 太陽光発電とは、太陽の光が持つエネルギーを、太陽電池で直接電気に変える発電システムです。屋根などに設置した太陽電池で太陽光エネルギーを受けます。ただし、太陽電池は直流の電気を発生するので、家庭ではパワーコンディショナを使い交流に変換してから使います。また、発電した電気が余った場合は電力会社に売ることもできます。

メリット1:エネルギー源は太陽光

       全国どこでも太陽光のある場所なら、基本的にどこでも設置することができます。

メリット2:未利用スペースを有効利用

       システムの規模(太陽電池面積)を自由に決められるので、限られた未利用スペースに

       設置できます。

メリット3:余った電力は売電可能

       発電した電気は家の中で使われていますが、余った場合は電力会社に売ることができます。

太陽光発電システム設置例
太陽光発電システム設置例
表示モニター
表示モニター

自然エネルギーをつかう

【藤沢市施設の太陽光発電設システム置場所】

第一中学校
第一中学校

  • 藤沢市総合防災センター
  • 藤沢市保健所
  • 遠藤市民センター
  • 明治市民センター
  • 御所見市民センター
  • 市立全小・中学校


太陽熱利用

 太陽の熱エネルギーを屋根などの上に置いた集熱器で集めて、給湯や冷房に利用します。天気が良い日には約60℃の温水が得られるため、家庭での給湯や暖房を十分に賄えます。ソーラーシステムは、温水を強制循環させて、給湯だけでなく床暖房などに利用するものです。暖房だけでなく、太陽熱を利用した冷房システムの開発も進んでいます。

メリット1:簡単な操作

       太陽光発電同様、システムが単純なため、特別な知識がなくとも利用できます。

メリット2:状況にあったタイプの利用

       シンプルなものから、高度利用システムまで、利用状況にあったタイプを選べます。

メリット3:ソーラーウォール

       壁に設置した集熱器で暖めた空気を屋内に送り込み、暖房します。既設の建物に設置
       できるのが特徴です。

【藤沢市施設の太陽熱利用設置場所】

  • 秋葉台公園内屋内プール
  • 片瀬しおさいセンター
  • 南消防署
  • 白浜養護学校
  • こぶし荘
  • 片瀬中学校
                      参照:資源エネルギー庁ウェブサイト

「未来のあたらしい家に住みたい!」へ >>>