解説!エコ用語-リユース(再使用)

藤沢市での商品プラスチックリユース事業の様子

藤沢市での商品プラスチックリユース事業の様子

【概要】
リユース(Reuse)(再使用)は、一度使用された製品を、そのまま、もしくは製品のある部品をそのまま再利用すること。限りある資源を大事に使っていく循環型社会の形成のために必要とされ、リサイクル(再資源化)、リデュース(減らす)とともに3Rの一つである。

【藤沢での例】
藤沢では、2012年より商品プラスチック分別収集が行われていて、状態の良い商品プラスチックはリユースされ、藤沢市内の各イベントで廉価で販売しています(環境基金への寄付)。
※商品プラスチックとは、台所・風呂用品類、プランター・植木鉢類、ビデオ・DVD・CDなどのケース、事務整理用品類、かご・ケース類などのプラスチック製品。

【関連記事】
●商品プラスチックのリユースが大人気!環境事業センターレポート②「商品プラスチック分別収集」
●第2回リユースフェア in リサイクルプラザ藤沢を開催しました!

reuse2_0