循環型社会

【概要】
大量生産・大量消費・大量廃棄の社会に代わるものとして、提唱された概念。限りある資源を効率的に利用するとともに、廃棄物等の発生を抑制し、廃棄物等のうち有益なものは資源として活用し、適正な廃棄物の処理を行うことで、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷をできる限り減らしていく社会のこと。

【関連記事】
●【シリーズ:ごみ減量推進店vol.6】「スズキヤ 鵠沼店」
●ごみ焼却発電を活用した電力の地産地消!
●温暖化防止講演会「地球温暖化と私たちの未来」が開催されました!