【シリーズ:ごみ減量推進店vol.5】「お茶・のり コバヤシ」


 
シリーズでお送りしている藤沢市ごみ減量推進店の取組紹介。第5弾は、辻堂駅南口にある「お茶・のり コバヤシ」さん。レジ袋削減を推奨している店舗さんで、買い物客の3分の1程度は、袋ではなくシールでお持ち帰りになるそうです。また、ギフト商品以外の商品包装もしていないとのこと。従業員たちは、ごみをなるだけ出さないように徹底し、店内の照明にはLEDを使用し節電にも心がけていました。地域との関係も大事にしている店舗さんで、湘南銀座商店街振興組合の理事も兼任している店主の小林さん。商店街としても、ペットボトルキャップの収集や、商店街の道路清掃や、草花の世話など、商店街全体でも環境への配慮に貢献されていました。

●お茶・のり コバヤシ
住所:藤沢市 辻堂1-1-18(辻堂駅南口より徒歩2分)
TEL:0466-34-0123
定休日:水曜日
営業時間:9:00-19:30

●ごみ減量推進店の募集について
藤沢市では、買い物袋持参の奨励や商品の包装簡素化、再生品や再利用品の販売などによりごみの減量・資源化を進めるため、「ごみ減量推進店」の認定を進めています。ご協力いただける店舗はぜひご応募ください。
詳細は以下より

ごみ減量推進店を募集しています(藤沢市HP)

関連リンク:
●ごみ減量推進店認定店舗一覧(藤沢市HP)
●藤沢市環境事業センター(藤沢HP)

関連記事:
●【シリーズ:ごみ減量推進店vol.4】「エーコープ善行店」
●【シリーズ:ごみ減量推進店vol.3】「豊元書店 本町店」
●【シリーズ:ごみ減量推進店vol.2】「小田急百貨店藤沢店」
●【シリーズ:ごみ減量推進店Vol.1】地域と歩む薬局「和光薬局」