打ち水

【概要】
打ち水(うちみず)とは、道や庭先などに水をまくこと。お風呂の残り湯や雨水などを二次利用することで、より環境に配慮できる。比較的涼しい朝、日がかげる夕方の時間帯に打ち水を行うと、気温が2℃程度下がる効果があるといわれている。さらに、ヒートアイランド緩和効果や、冷房機器の使用時間短縮による温室効果ガス排出量の削減効果も期待できる。都市部のヒートアイランド対策として、政府も地球温暖化対策キャンペーンの一環として打ち水を奨励している。

【関連記事】
●「2017商店街打ち水大作戦」が実施されました!
●雨を溜めて節水しよう!「家庭用雨水貯留槽購入費補助金」受付中(藤沢市)

【リンク】
●藤沢市環境総務課
打ち水で街を涼しくしましょう
●国土交通省水資源部・水の週間実行委員会
「水の日」「水の週間」ウェブサイト