6月は環境月間!電気を消して星空を眺めませんか?

6月は環境月間です。1972年6月5日からストックホルムで開催された「国連人間環境会議」を記念して環境の日(6月5日)が定められました。日本では環境省により6月は環境月間と定められ、全国で様々な環境に関する行事が行われています。

●節電を心掛けましょう!
夏は冷房の使用などにより、電気の使用量が増える季節です。各家庭で一人一人が省エネの取り組みをすることで、大きな節電につながります。
<エアコン>
冷房使用時の室温は28℃が目安です。エアコンの風向きを調節したり、扇風機と併用すると効果的です。なお熱中症にご注意ください。
<窓>
ブラインドやすだれを使用して、直射日光をカットしましょう。ゴーヤなどの植物を育てて作るグリーンカーテンも効果があります。
<服装>
涼しく感じる素材・機能の服を着用して、クールビズに取り組みましょう。
<照明>
日中の明るい時間帯や、夜間も使用しない部屋は消すなど、こまめにスイッチを切りましょう。省エネ製品に替えることも節電になります。

●CO2削減/ライトダウンキャンペーン
6月21日~7月7日は、地球温暖化防止のために消灯を推進する期間です。特に6月21日〈夏至の日〉と7月7日〈クールアース・デー〉の午後8時~10時は、各家庭でも明かりを消して、星空を眺めてみましょう。

詳しくはこちら➔環境省ライトダウンキャンペーン(COOL CHOICE)
https://ondankataisaku.env.go.jp/coolearthday/