講演会「水素エネルギーの導入拡大に向けた取組」が開催されました

3月16日鵠沼地区生活環境協議会の主催で、佐藤肇弥氏(神奈川県産業労働局産業部エネルギー課グループリーダー)を講師に迎えて、「水素エネルギーの導入拡大に向けた取組」と題して講演会が、鵠沼市民センター第3談話室にて開催されました。佐藤氏の講演は、2017年3月に完成した動画「Suisoなセカイへ」からはじまり、水素エネルギーの話、神奈川県の取組の話と続き最後はFCV(燃料電池自動車)の見学会で締めくくりました。

講演の最初に、水素とは一体どのようなものか?水素エネルギーは具体的にどのような形で利用されていくのかや地球環境や私たちの暮らしにどのような影響があるのか、様々なデータをもとにお話がありました。さらに、今後の神奈川県の取組「水素社会実現ロードマップ」の説明もありました。参加された皆様は大変興味深く耳を傾けて、次世代のクリーンエネルギーの実現を期待しているようでした。

最後に、実際のFCV(燃料電池自動車)に触れて、エンジンの静かさに皆様驚いた様子でした。また外部給電器も接続し、FCVから家庭用電源に変換を行い、電気ストーブをつけた様子にも皆様興味津々な様子でした。

関連記事:
●満タン620km!燃料電池自動車(FCV)に乗ってみた!-さむかわ環境フェスティバルに湘南エコウェーブ出展【リポート】