第9回リユースフェア~エコエコ冬祭りが開催されました!

2017年2月25日(土)、リサイクルプラザ藤沢にて第9回リユースフェア~エコエコ冬祭りが開催されました。当日は晴天に恵まれ、資源として回収した商品プラスチックのリユース事業や古本市、市民参加の青空フリーマーケット、不要となった日用品のリユース市、飲食などの模擬店が催され、にぎやかな雰囲気に会場も盛り上がりました。
また、一斗缶など身近な材料からロケットストーブを組み立てて、実際に火を焚いて料理まで行う野外体験型ワークショップには、多くの来場者から注目が集まりました。そのほか、藤沢市せっけん推進協議会による石けん作り等のワークショップや、ウサギやハムスターなどと触れ合える移動動物園、段ボール迷路、パッカー車同乗体験、スタンプラリーなど、子供も楽しめるイベントが多く用意され、家族連れの来場者の姿が目立ちました。
今回の来場者数は652人で、前年度の冬祭りの576名を上回りました。また、商品プラスチックリユース事業、古本市、リユース市等の売上げは「藤沢市環境基金」に全額寄付されることになっており、イベント全体で20万円を超える額が寄付されました。藤沢市環境基金は、ごみの減量化及び資源化に関する事業や市民活動、ゴミ処理施設の改修や修繕、良好な自然環境の保全やエネルギーの効率的利用の促進事業などに充てられます。

関連リンク:
リサイクルプラザ藤沢