レポート「第21回ふじさわ環境フェア~考えよう、やってみよう Eco2まつり2016~」が開催されました!

ecoeco2016_0
 

オープニングイベントの様子

オープニングイベントの様子

11月12日(土)、環境保全や地球温暖化防止をテーマに、市民・事業者・大学・行政等が集まり、子どもから大人まで楽しみながら環境について学べるイベント「第21回ふじさわ環境フェア~考えよう、やってみよう Eco2まつり2016~」が開催されました。当日は天候にも恵まれ、4,061人の参加者が集まりました。

●オープニングイベント
オープニングイベントでは、ダンススタジオワッツアップによる「キッズダンス」や、リサイクルレッドたちによる「環境を考えよう!キャラクターショー」、毎年恒例の鈴木市長と対決する「じゃんけんぽん大会」が行われました。ふじキュン♡などのキャラクターも多く登場し、会場は開幕時から子どもたちを中心に賑わっていました。
 
 
 

ガイドツアーの様子

ガイドツアーの様子

●ガイドツアー
各ブースやイベントの紹介をしながら会場を巡るツアーで、スタンプラリーのヒントを教えてくれるなど、今年も大好評の企画でした。ガイドツアー企画・担当の(株)カネダの金田さんの明るく元気なツアーガイドに、子どもたちや参加した保護者たちも楽しそうでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
環境クイズ王決定戦!の様子

環境クイズ王決定戦!の様子

●環境クイズ王決定戦!
毎年恒例の「環境クイズ王決定戦!」は第1展示集会ホールで行われ、スクリーンに映し出された環境に関する○×問題が出題されました。楽しみながら環境について学べる「ふじさわ環境フェア」ならではのクイズ大会でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
FCV(燃料電池自動車)同乗体験

FCV(燃料電池自動車)同乗体験

●FCV(燃料電池自動車)同乗体験
水素を燃料して走るFCV(燃料電池自動車)の同乗体験が、藤沢市民会館~東京ガス湘南支店を往復するコースで行われました。走行中もエンジン音がほとんどしない静かな車内では、運転手さんより「FCVは水素を空気と反応させて電気を取り出し、その電気を燃料に走る。排出するのは水のみで、環境負荷が少ない自動車。」などの解説がありました。
 
 
 
 
 
 
 
第1展示集会ホール(展示)の様子

第1展示集会ホール(展示)の様子

●第1展示集会ホール(展示)
第1展示集会ホールでは、22団体の企業や行政、市民団体による環境活動についての展示や紹介がされました。藤沢市の環境に対しての意識が高いことが分かる展示が多くあり、来場者も熱心に説明を聞いていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第2展示集会ホール(展示・ワークショップ)の様子

第2展示集会ホール(展示・ワークショップ)の様子

●第2展示集会ホール(展示・ワークショップ)
第2展示集会ホールでは、10団体の環境に関する展示の他に、ワークショップが多く行われました。せっけん作りや、エコキャップを使ったアート作品づくりなど、エコなワークショップに子どもたちが参加していました。また、市内の子どもたちが応募した「美化・リサイクル推進ポスター」の展示もありました。

●前庭(展示・飲食ブース)
藤沢市民会館の前庭では、地産地消グルメや、商品プラスチックの販売、FCV)同乗体験など13団体の展示や販売コーナーで賑わっていました。

関連記事:
●【リポート】第20回ふじさわ環境フェア~祝20周年!!藤沢Eco2まつり2015が開催されました!