フード・マイレージ

food3【概要】
「食料の輸送距離」という意味。食材が産地から食される地に運ばれるまでの、輸送に要する燃料・二酸化炭素の排出量を、その距離と重量で数値化したもの。食材の生産地と消費地が近ければフード・マイレージは小さくなり、遠くから食料を運んでくると大きくなる。

【藤沢での例】
藤沢市では、片瀬漁港で海産物が獲られ、市内中部から北部では、野菜や果物などが作られています。市内には、これら地場産のものを扱う大型市場や、スーパー等があります。地場産の食材を選ぶことは、食材輸送にかかる燃料やCO2排出の抑制に繋がります。ふじさわエコ日和では、このような日常で心掛けているエコな取組による、年間のCO2削減量などの効果を、「エコライフチェック」で確認することができます。

藤沢生まれの藤稔

藤沢生まれの藤稔

【関連リンク】
●エコライフチェック
●おいしいふじさわ産-えのぽ
●江の島片瀬漁業協同組合
●JAさがみ 米ディハウス くげぬま
●JAさがみ わいわい市藤沢店
●JAさがみ じものさん
●JAさがみ ごしょみ~な

【関連記事】
●これまでの50年、これからの50年-未来の地球をくらしから~『食』をキーワードに考える
●処理頭数全国1位の食肉センター!神奈川の農畜産めぐり-農家訪問交流会
●海に向かって!湘南はまぐりの稚貝放流イベント
●藤沢で麦踏みが伝えるもの
●藤沢にも牛がいた!-地産地消で育ち、味わう、健康な牛肉と生産者の思い

六会のキャベツ畑

六会のキャベツ畑

【関連-解説!エコ用語】
●地産地消
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
片瀬漁港

片瀬漁港