地産地消

chisanchisho1【概要】
地域生産・地域消費の略語で、その地域で生産された様々な生産物をその地域で消費すること。食料においては、新鮮で栄養価が高い食料を消費者に届けられる他、地域農畜産業の活性化、また、フードマイレージ(食料の輸送距離)を小さくすることにもつながり、それらは、輸送にかかるエネルギーを抑え、環境に負荷を与えないことにもつながると言える。
また、近年、エネルギーの分野でも、地域内でエネルギーを生み出し、地域内で消費する「エネルギーの地産地消」の取り組みが、日本各地で行われている。
 
 
 
 
chisanchisho5【藤沢での例】
相模湾に面した藤沢。海岸部分には、片瀬漁港があり、日々新鮮な海産物が収穫されています。藤沢北部では、農畜産業が行われ、豚肉生産量は県内1位、“ふじみのり”という藤沢生まれのぶどうなどもあります。土地にあった様々な種類の野菜などをつくる「少量多品目」な栽培が特徴です。それらは、JAさがみの大型直売所や、湘南藤沢地方卸売市場、漁港での朝市など、様々な場所で手に入れることができます。一方、エネルギーの分野では、藤沢市が今年の2月に、『藤沢市エネルギーの地産地消推進計画』を策定し、再生可能エネルギーの普及とエネルギーの地産地消の推進に取り組んでいます。また、市内には、Fujisawaサスティナブル・スマートタウン(Fujisawa SST)があり、太陽光発電システムや蓄電システムの導入など、省エネ、創エネ、蓄エネの技術を活かした「エネルギーの地産地消」をめざしたまちづくりが進められています。

chisanchisho4【関連リンク】
●おいしいふじさわ産:えのぽ
●江の島片瀬漁業協同組合
●JAさがみ 米ディハウス くげぬま
●JAさがみ わいわい市藤沢店
●JAさがみ じものさん
●JAさがみ ごしょみ~な
●藤沢市エネルギーの地産地消推進計画

【関連記事】
●処理頭数全国1位の食肉センター!神奈川の農畜産めぐり-農家訪問交流会
●親がやってきたことをやっている×生産だけではなく販売までする-第4回農家訪問交流会(春)
●農家とシェフの出会いの場!農家訪問交流会(冬)神奈川県県央地域県政総合センター
●夏の種まき体験!みんなで泥んこ!畑フェス2012~コトモファーム湘南藤沢
●藤沢で麦踏みが伝えるもの
●子どもたちが考えたレシピが給食メニューに!地産地消レシピコンテスト 最終審査編
●藤沢には畜産がある-第60回藤沢市畜産共進会~畜産ふれあいまつり
●麦と大豆のなかよし畑‐立春大吉大豆収穫祭inTVK
●藤沢にも牛がいた!-地産地消で育ち、味わう、健康な牛肉と生産者の思い


 
chisanchisho3