ビーチクリーン(海岸清掃)

ecosurf1【概要】
海岸に落ちているごみを拾う行為。海岸清掃。自治体や、市民団体、地域企業などの主催で、ボランティアを募ってビーチクリーンを目的としたイベントとして開催されることが多い。また、音楽イベントやフリーマーケットなどのイベントと併設して行われることもある。

【藤沢市での例】
湘南のシンボル江ノ島を中心に、片瀬海岸、鵠沼海岸、辻堂海岸と、相模湾の砂浜を有する藤沢。夏には日本有数の海水浴場となり、たくさんの方が来場し、また夏シーズン以外も観光客やマリンスポーツに愛される場所となっています。そんな藤沢の砂浜をキレイに保つため、さまざまなビーチクリーンイベントが開催されています。毎年、5月下旬にはゴミゼロクリーンキャンペーンが、市内の自治会、町内会、市民団体、市内企業、一般参加者など多くの市民が参加し開催されています。その他にも、市内に事業所を置く企業によるものや、市民団体主催のもの、またイベント形式ではなく常時さまざまな方によって海岸清掃が行われています。拾ったごみは、(公財)かながわ海岸美化財団が無料で回収を行い、ビーチクリーン活動を支えています。また、江の島観光案内所では、トング・軍手・ゴミ袋の無料貸し出しを行っています。

【関連リンク】
(公財)かながわ海岸美化財団

【関連記事】
●第3回藤沢・片瀬東浜海岸美化清掃が開催されました!- かながわ信用金庫ボランティアサークル「ふれあい」
●第38回ゴミゼロクリーンキャンペーン~ビーチクリーンアップかながわ2014~リポート!
●漁師は優しく度胸がある!夏休みの地引網体験学習
●冬の太陽とエコ活動 えのすいECOデー
●「自分たちの遊び場は、大事に、キレイにしたい」- エコサーファーのみなさんの取り組み
●海へ、山へ、また海へ… 気さくな仲間と楽しく続けるクリーンアップ活動-クラブツーリズム 湘南エコースタッフのみなさんによるキャンペーン

beach1