小さいことは美しい!今こそ、シンプルな暮らし実践法

simplelife13月15日、16日に鵠沼公民館、片瀬公民館で藤沢市レジ袋削減推進モデル地域協議会主催「もっと語ろうエコなくらし講演会・ワークショップ」が行われました。講師に丹羽順子さん(元NHK記者、フリーランスのサステナビリティー活動家)を迎え、地球環境について、暮らし方や食の安全についてなど、丹羽さんの豊富な社会活動の紹介とともに参加型の講演会が開催されました。
 
 
 
 
 
 
 
simplelife2会場となった片瀬公民館には約30人の参加者が集まりました。講演会が始まるとまず丹羽さんが「今日は何の話が聞きたいですか?」と会場に問いかると「安全な食について」「放射能について」「環境に関する情報を発信するときに気をつけることは?」など様々な質問が出ました。一つ一つの質問に丁寧に受け答える丹羽さん。参加者の中には、すでに環境に関わる活動をしている方も多く、具体的な質問が飛び交いました。
 
 
 
 
 
simplelife2質問コーナーに続いて「YES・NOゲーム」が始まりました。「YES」の人は左の壁に、「NO」の人は右の壁に、「中間」の人はその間にという具合に会場全体を使って行われました。丹羽さんから「家にテレビがありますか?」「携帯電話を持っていますか?」などの質問がされると、テレビや携帯電話は一人ずつ持っていない人がいました。その理由は「無くても情報は手に入る(パソコン・ラジオ・新聞)」という答えでした。また、「将来的に自然が多いところに暮らしたい」という質問には、若い人たちが「YES」、年配の方たちは「NO」に近い意見の人が多く、「NO」の理由として「今の生活でも十分、自然に囲まれている」「ある程度生活しやすい環境の方がよい」という、片瀬地区周辺が自然に恵まれながらも生活するのに便利な環境であることが覗えました。
 
 
simplelife3「YES・NOゲーム」によって価値観を考え直す体操のあとには、丹羽さんの活動紹介が行われました。「xChange」という古着の交換会、カナダで起こった「無買デー(buy nothing day)」(資本主義、消費社会を見直す世界的ムーブメント)の鎌倉版「鎌倉一日無銭旅行」など、お金や環境について根本から見直し循環型社会的でユニークな企画が紹介されました。他にも四国でのトレーラー生活、ハワイでの暮らしなど、「暮らし」そのものから環境について考え行動しているライフスタイルが写真とともに紹介されました。
 
 
 
 
simplelife4事例紹介では、葉っぱ(つまもの)ビジネスで有名な徳島県の上勝町のごみ34分別についてのお話がありました。同市では2020年までにごみをゼロにすべく「ごみゼロ(ゼロ・ウェイスト)宣言」がされ、ごみ問題に対して最先端の対応をしている町です。他にもMY箸、MYバッグの次に「MY議員をもとう」という、市議会議員や県議会議員の中から一人お気に入りを見つけて政治に参加しようというお話もありました。「常識を疑うこと」そこから環境問題を解決もしくは改善するためのヒントがあるように感じました。
 
 
 
 
 
simplelife5本当に幅広い活動をしている丹羽さんによる講演会。最後は、参加者が4つに分かれてここまでの講演会で出た内容や自分たちの考えをディスカッションするグループワークが行われました。老若男女バラエティに富んだ参加者たちにより世代間交流の場ともなった最後の時間では、ここに来ていない人たちにどう環境について伝えていくか、昔の生活の良かったこと、など多くの意見が交換されていました。他には、「若い人たちが今欲しい情報は、年配の方の知恵であること」という年配の方たち、つまり昔でいう町の“長老”が今とても必要という意見や「昔の生活から学ぶ点が多くあるのは、高度成長があって真の豊かさに気づけた」という意見もありました。さまざまなテーマについて話された意見の中で印象的だったのは、「放射能放射性物質汚染の危険があるものは私たちが食べる」という60代女性の言葉でした。
 
simplelife6最後に各グループで出た意見を代表者が発表して、講演会・ワークショップは充実のうちに終了しました。「環境に関する情報を発信するときに気をつけることは?」という最初の質問、そして最後の発表にも多く出た市民活動家サイドの疑問に対して、丹羽さんからは「まずは自分が楽しむこと」と笑顔で語っていました。
そんな丹羽順子さんは今タイに住んでいて、タイでの暮らしがホームページにアップされています。⇒koko online(丹羽順子ホームページ)。実は、このサイト「エコ日和」のウェブデザイン(ロゴやバナーデザイン)をしてくれたの手掛けたのも丹羽順子さん。そのセンスやデザインの背景にある強い思いや着実な活動を垣間見ることができた講演会でした。
 
 
リンク:
koko online(丹羽順子ホームページ)
服としあわせのシェア「xChange」