カテゴリー別アーカイブ: エコ日記

刻々と移り変わる都市周辺の自然情報を記録したい-市民電子会議室で自然観察(1)

学芸員不在…自然の情報が蓄積されない  今回は、WEB博物館誕生、のお話です。 藤沢市が環境基本条例を策定し、環境基本計画を検討していた頃のお話です。  筆者は検討会や審議会の委員として、約3年の間、条例と基本計画、両方の誕生に関わらせていただきました。この間に痛感させられたのが、藤沢市が自然博物館を持たず、行政の中に自然系の学芸員が一人もいない都市だという事でした。 (さらに…)

清流よ甦れ 石川レンゲの里に鯉は流れた

 4月25日(土)、起きると雨。早朝、石川レンゲの里まつりを主催するパートナーシップ善行に電話すると「中止ですね」と齋藤さん。「雨っすね」と私。静かな悔しさみたいなものが交わりました。さっそくテルテル坊主を軒に吊るします。外は「なみだの雨」。  第9回石川レンゲの里まつり、そして我々の鯉流し・ハグロトンボの紙遊び・片瀬こま(藤沢青年会議所提供)の初日は夜が明けると同時に終わりました。 (さらに…)

「ジラソーレ」がゆく!-藤沢に電気自動車がやってきた!!

 ちょっと小ぶりで愛嬌のある顔、イタリア語でひまわりの意味を表す「ジラソーレ」という名の電気自動車が、藤沢市の公用車としてデビューしました。全長2メートル30センチあまり、全幅1メートル30センチ弱、高さは1メートル50センチほどの2人乗りのかわいらしい車ですが、最高速度は時速65キロまで出るそうです。  何よりの特徴が、電気エネルギーだけで走行するということ。一度の充電(5~6時間)で約120キロメートルですから、藤沢から静岡市や甲府市のあたりまで旅をすることができるのですね。 (さらに…)