多様な緑地を目指して!シリーズ:西富の緑地を保全するアズビル株式会社×NPO法人藤沢グリーンスタッフの会


 

西富緑地で見つけたギンラン
シリーズでお送りしているアズビル(株)とNPO法人藤沢グリーンスタッフの会(以後グリーンスタッフ)による神奈川県藤沢市の西富緑地の保全活動。5月26日に実施され、今回で第13回目を迎えました。

はじめに、グリーンスタッフの吉田さんによる緑地のフィールド観察が行われ、ギンランが育っているのが見つかったりと、これまでの間伐による緑地整備の成果を見つけることができました。その後、落ちている枝を使って、地面の土が見えず葉っぱが残る程度に落葉をかき、集めた落葉は、カブトムシの育成場所にしている落葉溜まりに運ぶ作業が行われました。今回の落葉かきでは、落葉かきをする場所としない場所を作り、次回の作業でその後の違いを観察するそうです。
 

伐採作業の様子
最後にこの日のメインイベントである、緑地入口中央にある桜の木のまわりの木の伐採を行いました。木がどっちに倒れたいか、倒したときに他の木に引っかからないかなどを十分に確認し、倒す方向を決めながら一本一本、グリーンスタッフの方々の指導のもと伐採していきました。間伐をすることによって、日の光が緑地へと入り、低植物が育つようになるそうです。今よりももっと多様な緑地になることが楽しみですね。

この事業は、アズビル(株)と藤沢市が2011年に締結した緑地保全活動に関する協定によって行われています。藤沢市と緑地保全活動で協定を結ぶのは、民間企業として初。グリーンスタッフの指導のもと藤沢市が所管する緑地保全活動を行っています。
 

伐採作業の様子
アズビル(株)は、環境クリック募金参加企業でもあります。環境クリック募金は1クリックあたり5円を、クリックしたあなたに代わって参加企業が寄付してくれる仕組みとなっています。寄付金は、市内の環境教育に使用されます。
●環境クリック募金は⇒こちら

関連リンク:
アズビル(株)
NPO法人藤沢グリーンスタッフの会

関連記事:
●継続は力!シリーズ:西富の緑地を保全するアズビル株式会社×NPO法人藤沢グリーンスタッフの会
●明るい森へ間伐作業!シリーズ:西富の緑地を保全するアズビル株式会社×NPO法人藤沢グリーンスタッフの会
●竹取物語in遠藤笹窪谷!NPO法人藤沢サンクチュアリ


前のページにもどる